I’m a hongkonger / 香港デモについての整理

香港の夜景

お疲れ様です!

ただいま、私の好きな香港が炎上中です。

税率が安いことから、ビジネスで香港に拠点を置くことを検討したことがありましたが、政府絡みの懸念から、断念した経緯があります。今回、その懸念が露呈したことになり、残念です。

ご存知(か、わかりませんが)、ジャッキーチェン映画も香港です!
私たち世代は中国本土よりもかなり親近感がありますね。

もともとイギリスの領土でしたが、1997年返還されたました。その後、一国二制度と言われる微妙な緊張関係の状態が続いていましたが、今回、その関係性に変化が訪れようとしたことで、問題になっています。

場所の整理!

香港は近いという印象はあるかもしれませんが、場所のおさらいです!
日本から飛行機で直行便で4時間ぐらいです。近いですね。

Q&A

今回のデモについては下記Q&Aが簡単でわかりやすいです。

香港でなぜ大規模デモ? 早わかりQ&A

https://diamond.jp/articles/-/205199

何が問題なのか?

下のまとめツイートがわかりやすいです。

簡潔に言えば、香港においても、中国政府に不都合な人間を恣意的に逮捕や裁けるようになる改正ですね。民主主義とは逆の発想です。

当然、香港旅行に行く日本人にも適用されるので無関係ではないはず。

自由とは 「他からの束縛を受けず、自分の思うままにふるまえること」。
そんな基本的な権利を脅かす法改正は時代に逆行していますよね。

世界第二位の大国となっている中国政府の動きは、日本のみならず世界に深刻な影響を与えています。

近接国の日本は特に対岸の火事ではないはず。

ビジネスで香港を拠点にしている日本人にとっては深刻なことですが、香港旅行に楽しく安全に行きたい!という関心レベルでも全然十分。
行動をしなくても、少し関心を持つだけでも、十分大切なことです!

今後も注視していきましょう。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

某会社経営者。 過去20年に渡り、会社を起こしたり、つぶしたり、 高校やめて海外行ったり、引きこもってみたり、波乱万丈な人生。 車、ドライブ、スナフキン、 そして、何より逆境が好き。 「人の為に死ぬ」が人生の美学。